ファスティング 野菜ジュース

野菜ジュースを使ったファスティングが注目されています

 

今野菜ジュースを取り入れたファスティングに注目が集まっています。

 

皮下脂肪を落とすダイエット効果に加えて、
脂肪などに蓄積された体に悪い化学物質などを体外へ排出するデトックス効果や
消化器官の機能向上など様々な効果が期待できるからです。

 

美容系サイトの売り上げランキングなどを見てもらえば分かるとおり
ファスティングに使用できる野菜ジュースや酵素ドリンクなどが数多くあります。

 

書店でもファスティング関連の雑誌や書籍が所狭しと並んでいますし
人気ランキングにも入っているものもあります。

 

それほど需要がある中で、
頑張って野菜ジュースを飲んだのにも関わらずファスティングで効果を得られず
断念してしまう人が多いのも現状としてあります。

 

ファスティング関連の評価を見ても
『やってみたけど痩せられなかった』『効果が無かった』など
マイナスの感想が幾つも寄せられています。

 

でも正しい方法で実践すれば、
野菜ジュースを取り入れたファスティングはさほど難しいものでは無いのです。

 

このサイトではファスティングに最適な野菜ジュースの作り方と
それを取り入れた正しいファスティング方法について解説します。

 

また、ファスティング中に必要な栄養素を効率良く取れる酵素ドリンクについても
選ぶ基準やオススメのものを紹介します。

 

→今すぐに酵素ドリンクを知りたい方はコチラから

 

ファスティング用の野菜ジュースの作り方

 

ファスティング用の野菜ジュースについて説明していきます。

 

野菜ジュースなら何でもいいのでは?と思っている人が意外と多いのですが
それは大きな間違いです。

 

市販のものだと衛生面のことから加熱処理をしている場合が多く、
この場合は表記されている数値よりも栄養価が低い可能性があるのです。

 

加熱処理を施した時点で“酵素”は全て死んでいますので
市販の野菜ジュースを飲んでもファスティングの効果を得ることができないのです。

 

酵素について

 

ファスティングで効果を得られる最大の理由は、酵素にあります。

 

酵素というのは消化、吸収、代謝などの工程で大きな働きをしていますが
体内にある酵素の数は限られている上にどんどん減っていきます。

 

特に消化に対して酵素は多くのエネルギーを使うため
この消化プロセスをファスティングで休ませることで
酵素が代謝などのほかのプロセスに力を注げるためにダイエット効果や毒素排出など
様々な効果を期待できるようになるんです。

 

野菜ジュースを飲む理由の一つが“酵素”を摂ることなんですね。

 

というわけで、生きた酵素を取るためには新鮮な材料を
食物繊維を取り除いた野菜ジュースにすることが望ましいのです。

 

具体的な手順をひとつ挙げますね。

 

新鮮な野菜を用意する

 

野菜は日にちが経っていくにつれて栄養価がどんどん下がっていきます。

 

野菜ジュースをファスティングで飲む目的は
酵素やビタミン、ミネラルなどをしっかり補給することですので
栄養価の落ちていない新鮮な野菜、出来る限り無農薬のものを選ぶのが良いです。

 

【参考レシピ】

 

  • ホウレン草 2分の1束
  • 人参 2分の1本
  • キャベツ 2、3枚
  • バナナ 2分の1本
  • 豆乳 100CC
  • レモン汁 少々
  • ジューサー 1台

 

ジューサーに合わせた大きさに材料をカットする

 

使用する野菜はよく洗ってから
ジューサーの大きさに合わせてカットしましょう。

 

ジューサーはしっかりと皮などの固形物を取り除いてくれますので
人参はヘタだけ取ればOKです。ほうれん草も根がついていても大丈夫です。

 

ジューサーに入れて材料の汁を搾り出す

 

切った材料をジューサーに入れて汁を絞り出しましょう。

 

ホウレン草やキャベツなどは一気に入れるのではなく
1枚ずつ投入して搾り出すと早いです。

 

絞り終わったら豆乳とレモン汁を加えてよく混ぜてください。
これが味をまろやかにしてくれます。

 

出来上がり

 

混ざり終わったらグラスに注いで完成です。

 

材料からも分かるとおり見た目の色は青汁っぽいのですが
バナナを加えていますし豆乳も入っているので甘味もあり
まろやかなジュースになっています。

 

バナナを増やすかハチミツを大さじ1杯加えると
甘さが増しますので好みによって調節してもOKです。

 

ファスティング用の野菜ジュースは手間がかかるので
一度に大量に作りたいと思ってしまう気持ちは分かるのですが
味が間違いなく低下していく上に空気に触れることでビタミンも減るので
出来る限り毎回作るようにしましょう。

 

準備だけを前日にやっておく、程度ならギリギリOKです。

 

野菜ジュースを使ったファスティングの総まとめ

 

前後に準備期間と回復期間を入れて
2週間前後のスパンでファスティングを行うのが基本です。

 

3日〜1週間をかけてファスティングを行うためのウォーミングアップをし、
3日間のファスティングを行ったあとに回復期間を入れるという流れです。

 

いきなりファスティングを始めると体が戸惑いますので
必ず準備、回復期間を入れてるようにしてください。

 

ファスティング用野菜ジュースのポイント

・鮮度の良い無農薬の野菜を用意する
・飲むたびに新しいジュースを作る
・消化に負担のかかる食物繊維を覗くためジューサーを使う
・飲みやすい野菜ジュースを選ぶ
・市販の野菜ジュースなどは使わない

 

このポイントを守った上で野菜ジュースを取り入れていけば
ファステイング中に必要なビタミン、ミネラル、酵素をしっかり取れるので
成功する確率がぐっと上がるはずです。

 

野菜ジュースを作ることにイライラしてしまっては
長続きしないので自分好みの野菜ジュースのレシピを見つけてください。

 

私が野菜ジュースの代わりに活用している酵素ドリンクを参考に上げておきます。

 

野菜ジュースを取り入れたファスティングをこれまで行ってきましたが
突然予定が入ってしまう事もあり3日間野菜ジュースを作るのが大変だったり
野菜の価格高騰もあって苦労したことがありました。

 

その際に幾つか酵素ドリンクも代用したことがあったのですが
このドリンクは他と比べても飲みやすかったんです。

 

飲み続けることを考えると飲みやすさは本当に大事です。

 

 

飲みやすかった酵素ドリンクはこちら


このページの先頭へ戻る